生え際 ハゲ 高校生

高校生の生え際がハゲる原因

男性の抜け毛・ハゲが起こるメカニズムとその要因とは?

 

第一に、男性の薄毛・ハゲというのは、男性ホルモンが過剰分泌されることにより引き起こります。

 

これは、高校生など若年層から、大人まで同様です。

 

薄毛・ハゲが起こるメカニズムは、およそ、下記のとおりです。

 

 

薄毛・ハゲが起こるメカニズム

まず、ストレスや生活習慣の乱れによって、体内の毛細血管が縮まってしまいます。

 

そうすると、その縮まった血管を広げようとして、脳が男性ホルモン(テストステロン)を大量に分泌します。

 

このテストステロンと、もともとその人の頭皮に含まれている酵素(5aリダクターゼ)が結びつき、悪玉ホルモンを発生させます。

 

この悪玉ホルモン(DHT)が、抜け毛・ハゲの原因となるのです。

 

 

ですから、もしもストレスや生活習慣の乱れなどで、男性ホルモン(テストステロン)の大量分泌が起こってしまったとしても、それと結びつく酵素(5aリダクターゼ)の分量が少なければ、薄毛・ハゲにならずに済むということなのです。

 

例えば、親は髪の毛が少ないのに、その子供は髪の量が多い、というケースがあります。

 

これは、まさしく、この酵素の量の差によるものなのです。

 

高校生の生え際ハゲについて

 

ストレスや生活習慣の要因

一概に、ストレスや生活習慣の乱れといっても考えられる要因は様々です。

 

大人の場合は、過度の飲酒や喫煙といった生活習慣の乱れが多いようです。

 

高校生など若い世代では、受験のストレスや、夜更かしに起因するものが考えられるでしょう。

 

 

もちろん、根本から、これらのストレスや生活習慣を見直して、なくすことは重要なことでしょう。

 

けれども、ひとは、それぞれの生活の中で、それぞれの年代によって、受験勉強や仕事など、何かしらの事情を抱えているものです。

 

その暮らしの中で、ストレス要因を、まったくのゼロにすることは大変、難しいことではないでしょうか。

 

ですから、薄毛・ハゲを引き起こす悪玉ホルモン(DHT)が発生してしまう前に、酵素(5aリダクターゼ)を抑えることが、薄毛・ハゲを防ぐ近道かと思われます。

 

高校生の生え際ハゲについて

 

酵素(5aリダクターゼ)を抑える方法

酵素(5aリダクターゼ)を抑えるのには、大人の場合、AGA薬を服用することが一番、効果的です。

 

ただし、高校生など未成年には、このAGA薬の処方は禁止されています。

 

ですから、酵素(5aリダクターゼ)に対応した、育毛剤を使ってみることをお勧めします。

 

その育毛剤を選ぶ際には、医薬部外品・化粧品の種類で販売されている商品を購入しましょう。副作用がなく、若年層の方も安心して使用できます。

 

高校生の生え際ハゲについて